作品INDEXに戻る

前の作品へ 次の作品へ

前の住宅作品へ 次の住宅作品へ

たくさんの蔵書を持つ住宅。

家の仕上を3つの色に分けるというルールを設定しました。白:家の骨格、黒:家を支える補助的な部品、青:本棚。

ルールが家のインテリアを自動的に決定するため、3色の偶然のコンビネーションで、思い掛けない空間が出現します。

書庫は、2つの部屋を結ぶつなぎ空間となっており、トップライトからの光がグレーチングの床経由で、1階に落ちて行きます。

1、2階とも、建具は、折戸、引戸で、開け放つと、すべての部屋がひとつながりとなります。

 

東京都三鷹市

延床面積  130.32 m2

構造設計 佐野建築構造設計事務所

設計協力 加藤弘行

施工   武蔵野建設工業

 

掲載誌、書籍
1997.04. 新建築住宅特集平成9年4月号
1997.09. 室内9月号
1999.03. インテリアコーディネートガイドブック「収納と空間構成」
2001.09. Housing平成13年9月号
2002.04. Actus Style Book vol.7
2002.10. 45under45展覧会カタログ
2003.08. 建築MAP東京2
2005.02. Brio平成17年2月号
2005.05. Mono平成17年5月号
2006.07. 2000 Architects (Image, オーストラリア)
2006.10. New Houses (HarperDesign, USA)
2006.10. Interni & Decor (Mincom, 韓国)
2008.02. Contemporary Color Design(daab, ドイツ)
2008.05. Architects, Designer 07(Art Index, ロシア)

ウェブマガジン
2010.04. e-architect
2010.06. Architecture News Plus
2010.12. architizer

画像をクリックして下さい。拡大した画像をご覧になることができます。