作品 INDEXに戻る

新潟の住宅 INDEXに戻る

左は、2階の中央のボックスを、西のボックスから見返しています。階段を下りると居間となります。

内壁は、溶融亜鉛メッキ鋼板を張り、その回りを杉板の目透し張りでくるんでいます。正面の窓は、その目透かし板により、プライバシーが確保されます。

上部からはトップライトの光が落ちて来ます。

右は、そのトップライトを、1階から見上げた写真です。

 

撮影:鳥村鋼一

← previous next →