作品 INDEXに戻る

前の作品へ 次の作品へ

日本のブランド家具の草分けである天童木工の日本初のオフィシャルショップ。

築40年のビルのリノベーション。

ビルに蓄積した時間に敬意を表しながら、懐かしい新しさを持ったインテリアをつくろうとしました。 古いビルの骨格をある程度活かしながら、墨モルタル、アンデスローズのツキ板などの仕上材や色のバランス、家具や造作のポイント的な使い方によって、懐かしい気配は保ちながら、清新な感じのする空間につくり替えました。

空間の中に、茶色のエレメントがちりばめられています。手摺、棚、ゲート、トンネル、それらの茶色のエレメントは、1階の入口から2階のショップへと人を誘い込むためのサインのような仕掛けで、人の流れの方向や、方向の転換点を暗示します。そして、ショップ、ギャラリー、階段、廊下という異なるスペースをつなぎ合わせて行きます。

 

東京都目黒区

延床面積 219.39 m2  

設計協力 田中理絵子(遠藤照明)

施工   植木組

掲載誌、書籍
2004.10. Casa Brutus平成17年1月号
2005.04. Wallpaper平成17年3月号
2008.05. Architects, Designer 07(Art Index, Russia)
2008.10. 1000 Interiors(遼寧科学技術出版、中国) 
2009.11. Advanced Interior Design(Damdi Archiecture Publishing Co、韓国)
2009.12. Cool Shops(遼寧科学技術出版社、中国)

ウェブマガジン
2010.06. Architecture News Plus

画像をクリックして下さい。拡大した画像をご覧になることができます。