作品 INDEXに戻る

MEDERU INDEXに戻る

南西から見る外観南面と西面の昼間と夕方の様子です。

南面は、国道を走る車の速度を意識して、大きなガラス面の開口部を持っています。それに対して、西面は、歩き回って、工場と洗車場、展示場の間を行き来する人のスケールに合わせ、窓の高さを抑えて、ドアもこまめに設けています。 

外観はガルバリウム鋼板貼りです。

 

撮影:鳥村鋼一

← previous next →