作品 INDEXに戻る

MEDERU INDEXに戻る

橙色に塗られたラウンジの風景。橙色は、秋から春先までどんよりした天気の続く新潟の気候に配慮して、そんな季節に、特に、温かく感じられる色として選びました。

あまり大きくない空間ですが、大きな窓と2層分の吹抜けにより、広々と感じられます。窓際のテーブルは、客のコンピュータースペースなどとして使われます。

窓からの暖気、冷気に対応するため、窓際に空調機を設置し、天井には、空気を撹拌するためのエアスイングファンを入れています。

窓際の卵型の椅子は、Antonio CitterioによるSpoonスツールです。キャスター付きの机は、Ferruccio LavianiによるMaxテーブル、椅子は、Vico MagistrettiによるMauiチェアです。

 

撮影:鳥村鋼一

← previous next →