作品 INDEXに戻る

MEDERU INDEXに戻る

ラウンジから入口のドア付近と、待合スペースを見ます。

待合スペースは、敷地の奥にあるコイン洗車場の様子を見ることができるように、洗車場に向かって放射状に開いています。また、両側の壁が、鏡で仕上げられ、洗車場の死角部分がそこに映ります。

待合スペースと、その脇の展示スペースに置かれたのは、それぞれ大きさや高さの違う特注の丸椅子です。客用の椅子と展示台を兼ねています。

窓際の卵型の椅子は、Antonio CitterioによるSpoonスツールです。

2階の事務室越しに、明るく光っているのが、奥のギャラリーのトップライトになります。

 

撮影:鳥村鋼一

 

← previous next →