作品 INDEXに戻る

MEDERU INDEXに戻る

ギャラリーから待合スペース経由で、ラウンジを見ています。放射状に開いた待合スペースを逆から見る形となります。写真の右側は、トイレや脱衣室に行くための廊下で、ここを通しても、ラウンジの一部が見えます。

ギャラリーは、接客スペースと工場スペースをつなぐ空間で、工場スペースとは、ガラスの間仕切りで仕切られています。

ギャラリーの先には、整備用の機械が置かれており、そこが部品を改造したり、調整する作業スペースになっています。

2層吹抜の天井は、トップライトになっています。写真では、待合スペースが明るいので、薄暗く見えますが、実際には、工場の中央にあるにもかかわらず、トップライトの効果で、明るい空間になっています。

 

撮影:鳥村鋼一

 

← previous next →