作品 INDEXに戻る

MEDERU INDEXに戻る

ギャラリーから待合スペースを見ています。昼間と夜の様子です。正面に見えるのが、ラウンジとなります。

放射状の壁は、両側とも鏡ですが、右手の一部がガラスとなり、その向こうに、展示スペースが見えます。

それぞれ大きさや高さの違う特注の丸椅子を、一部は、客用の椅子として、一部は、販売する工具のための展示台として、利用しています。 

← previous next →