作品INDEXに戻る

前の作品へ 次の作品へ

前の住宅作品へ 次の住宅作品へ

築32年の2世帯住宅の改修。1階は主に祖母のスペース、2階は若夫婦と子供二人のスペースとなっています。
法的条件のため、一部開口部の新設を除いて、外壁、構造はいじっていません。

流れ
改修前のプランは、内廊下を挟んで、両側に部屋が取り付いていた。各部屋は、廊下に対して閉じ、家の奥行が深いため、中央部は、暗々としていました。

改修に際して、部屋が孤立せず、一つの流れで、全体がつながるように、プランをつくりました。

壁や家具は、流れをつくるように、次々とずれて配置され、部屋と部屋の間も、ガラスの建具や欄間でつなぎました。家族の活動が、部屋に閉じ込められず、混ざり合い、風通しの良いつながりを生み出して行きます。奥行の深い中央部へも自然光が届くようになりました。

茶色のエレメント
流れの各所に、壁、家具など、茶色のエレメントをちりばめました。

茶色のエレメントは、流れを視覚化し、かつ、流れの中で、玄関から次のシーン、そして、その奥へと人を誘い込み、人の流れの方向や、方向の転換点を暗示するサインのような仕掛けです。

ノードと濃淡
人が行き交い、集まる、活動の活発な場所をノードと名付けました。「玄関」「2階のLDK」そして、ホームコンサートを開く「音楽室・図書室」ですが、そこでは、室内の仕上における茶色の割合(濃度)を高くしています。

一方、共有度の高い空間から、一人または二人で専有する個室に近づくに従って、茶色の濃度は低くなり、一人部屋では、0に近づいて行きます。

茶色の濃淡の違いは、そこで行う活動の濃淡や、人の動線の重なり具合の濃淡を示し、流れにめりはりを付けます。

人の多く集まる場所が、茶色の濃度の高い場所となることは、結果として、人の多さに伴う汚れを防ぐ効果ともなります。

2階のLDKでは、ホームシアター利用時に壁に映像が反射するのを防ぐための対策ともなりました。

耐震性の確保
改修にあたり、すべての壁は、室内側に、土台、柱、梁に12mmの構造用合板を打ち付けました。家全体で必要量以上の耐震性を確保しました。

 

千葉県市川市

延床面積 251.74m2(76.2坪)

構造 木造2階建て

構造設計 大賀建築構造設計事務所

設備設計 明野設備研究所

施工   幹建設

掲載誌、書籍

画像をクリックして下さい。拡大した画像をご覧になることができます