作品INDEXに戻る

市川のリノベーション INDEXに戻る

玄関を見ています。

人が行き交う場所である玄関は、アンデスローズの茶色の仕上がメインとなり、落ち着いた空間となっています。

その茶色は、改修前の家で使われていた30年以上前のクラシックな照明を活かす色ともなっています。

上部の窓から、明るい光が落ちて来ます。ペアガラスの窓の室内側には、2重のツインポリカーオネート板が入っているために、熱損失を防ぎ、断熱効果を上げています。

← previous next →