作品INDEXに戻る

トイレの家 INDEXに戻る

(上)南側の立面。サンパウロに向かう、正面の光のスリットが、建物の内部、路地を通って、反対側に抜けて行きます。

(中)南側の立面のスリットの一つが抜けているのが見えます。冬至の午前9時に太陽の光が抜けて行く方向です。

外壁の屋根勾配は、伊吹島の民家の一般的な屋根に合わせています。

外壁の色は、100軒強の島の民家の外壁の色彩調査に基づいています。
選んだ色彩は、50%強を占めた黒系統の第1群ではなく、25%程度のこげ茶系統の第2群の色から選んでいます。
第2群を選ぶことによって、島の景観と連帯しながらも、大多数ではないことによる、微妙なずれから、違和感がない程度に自立した印象をつくろうとしました。

(下)島の民家の外壁の色彩調査。

 

 

 

 

← previous next →