オスロの住宅街(オスロ、ノルウェー)

今まで訪れた町でもっとも住み良さそうな街はどこか、と聞かれれば、迷わず、オスロと答えます。恩師の原広司先生も同意見でしたから、確度の高い話だと思いま)せん?。

オスロには何があるのか。正直、観光の目玉は、野外建築博物館くらいで、街並が際だつ訳でもなく、大きな文化や商業の集積もありません。その魅力は、町の適度な大きさと、心地よいふつうさです。

人口は50万人程度。メキシコ湾流と、フィヨルドの奥に位置する地理的条件のため、緯度の割には暖かいようです。目の前に海、背中に山、というランドスケープに恵まれています。それを実感するには、地下鉄に乗ること。中心街を出ると、すぐに地上に顔を出し、それからは一駅ごとに10mずつ高度を上げて行きます。30分も乗れば、海を見下ろす標高200mの住宅街。地下鉄というよりはむしろケーブルカー。

電車に10分揺られれば、もう戸建ての住宅街。この住宅街を散歩すると、オスロの魅力が次第に分かって来るでしょう。東京のように建て込んでおらず、かと言って、アメリカのように広大な敷地を誇る訳でもありません。適度に隣家と距離を取りながら、敷地面積の割にはこぢんまりとした家が並びます。高い垣根や塀で仕切らず、広々とした土地にのんびりと家が点在し、オープンな社会構造がそのまま街並になったような住宅街です。家のデザインはばらばらですが、適度な距離が中和するのか、うるささはありません。

各人が勝手に暮らしているのに、不思議と居心地がいい、というこの微妙な距離の取り方は、オスロにとどまらず、ノルウェーの社会自体の性格にも通じるように思います。

交通:Oslo中心街から地下鉄で10分のSmestad駅周辺がお薦め。

To English Version

Upload : 2004.01

photo by Daigo Ishii