ケロン(ビンタン島、インドネシア)

ビンタン島を訪れた目的は、ケロンを見ることでした。

きっかけは、インターネットで見つけた一枚の写真。興味を感じて、ネットやガイドブックで探したものの、情報はほとんど手に入らず、ただ、写真がビンタン島で撮影されたことを頼りに、ここまでやって来ました。

出会えるだろうかという不安は杞憂で、西海岸に出たら、意外と簡単に見つかるものです。

「ケロンとは、何ぞや。」それは、沖合に停泊し、魚を穫る施設でした。昔は、マレー半島からインドネシア沿岸まで広く分布していたそうです。

浮きの上に、近くの森から切り出した木材で骨組をつくります。大抵は、3スパン、大きなものでは、5スパンほどでしょうか。真ん中には、板を張ってデッキをつくり、椰子の葉で葺いた小さな小屋が載ります。四周は、骨組から漁網を垂らし、魚を保管する生け簀として、利用します。漁師が自分たちでつくり、完成まで、2週間ぐらいという、ほんとうに単純な建築です。

このキャタピラーのようなユーモアな姿で、カタカタと海上を走る様を、イメージしていましたが、実際には、駆動装置はありません。ボートで曳航します。

漁師は、ボートでケロンに行き、5日間、漁をした後、収穫を携えて、陸に戻るというパターンを繰り返します。漁は夜。灯りで魚をおびき寄せて穫るそうです。浜から見ると、夜半、漁り火が、水平線に点々と続きます。

昼間は、小さな屋根の下で休むのでしょうが、小屋は、2、3人寝転べば一杯の大きさに、中腰で、頭がぶつかるぐらいの高さ、その上、回りのデッキも数歩の距離です。一晩ならともかく、5日間、この小さなスペースで夜を待つのは、フラストレーションがたまりそうですが、そういう発想自体が、都会的なのかもしれません。彼らにとっては、作業に必要な最小限のスペースで生きること自体が、きっと、はるか昔から続いて来た無理のないスタイルなのです。

満月には、明るいため、魚はあつまらず、雨季には、雨水で海の水が薄まるため、魚が深く潜行して穫れない、という話からは、機械や底引き漁に移らず、自然の摂理を尊重して暮らす、彼らのリズムが見えて来ます。

ケロンとは、そんな風に、人と自然が長い間維持して来た、無理のない関係を映し出した装置だったのです。

早朝、港に、曳航されて、ケロンが戻って来ました。仲買人が現れ、ざる単位で、収穫を買い上げて行きます。

食べてみろ、と差し出されたのは、穫れ立てのカタクチイワシと小さなイカ。ピチピチした鮮度のいい上に、適度に潮が染みて、こんなうまいもの、久しぶりに食べたという感じです。もう少し、もう少しと何度も、お代わりしていました。

英語版へ移動する

Google Map で場所を見る

交通
タンジュン・ピナンの港からタクシーで西海岸の入口カワルまで、30分程度。カワル方面の乗り合いタクシー、バスなどは、港からバスターミナルに行き、乗り換え。

宿泊施設のリスト
Bintan Agro Beach Resort
Nostalgia Yasin Bungalow
Shady Shack

旅行の際に調べた情報であり、評価については、各人でご確認下さい。

参考文献
Wikipedia

Upload 2009.04

Update 2010.06

← previous next →

Copyright (C) 2010 Future-scape Architects. All Rights Reserved.

← previous next →

         Photo by Daigo Ishii