「リー・クアンユーの国」シンガポールー1(シンガポール)

シンガポールを歩き回って感じたのは、「映画のセット」のような味気なさでした。

きれいな町ですし、意外と古い建築も残ってますが、角を曲がると、思いがけない風景が現れるなんていう街歩きの楽しさは、あまり期待できません。どこもかしこも、きちんと整備されている、というか、されすぎて、自分だけの風景を発見できないのです。

代わりにあるのは店歩き。と言っても、世界一律のブランドショップは、わざわざシンガポールに来る理由としては、もう一つですし、中国文化にマレー色が反映されたブラナカン文化は、可愛げですが、民族のるつぼの生む刺激的な文化は、まだまだです。

住むには暮らしやすいし、海外旅行初心者には安心だとしても、旅慣れた人には、どこか物足りません。リピーターの低下にシンガポール政府が悩むのも、むべなるかな。

しかし、こういう街が、赤道直下の東南アジアにできたことが、実はすごいことだったのです。

イギリスの植民地だったシンガポールの独立は、1965年。それも、心から望んだというよりは、マレーシアから見捨てられた形での独立でした。

その頃のシンガポールと言えば、小さな国の中で共産主義と反共の対立が繰り広げられ、それに民族対立も重なり、混乱を極めていました。イギリスの後ろ盾を失い、おはこの集散地貿易も、周辺国からの占め出しで、不振をかこってる始末。

市民が厳しい生活を送っていた、そんなどん底のシンガポールに現れたのが、後に首相となるリー・クアンユーでした。彼がしたことは、西欧のような土壌のない地に、民主的で経済的に安定し、清廉で豊かな国をつくることでした。

「リー・クアンユー回顧録」には、敵対勢力の工作や国民の反発の中で、制度や習慣を変えて行く様が、詳しく、そして、生々しく描かれています。

物足りなさは、実は、停滞した制度を、リー首相が、一つ一つ改善して行った成果だったのです

英語版へ移動する

Google Map で場所を見る

交通
シンガポール全域。

宿泊施設のリスト
Conrad Centennial Singapore
Fairmont Hotel Singapore
Fullerton Hotel Singapore
Goodwood Park Hotel
Hotel 1929
The Inn at Temple Street
InterContinental Singapore
Mandarin Oriental Hotel Singapore
Raffles Hotel Singapore
Ritz-Carlton Millenia Singapore
Shangri-La Hotel
St. Regis Singapore

旅行の際に調べた情報であり、評価については、各人でご確認下さい。

参考文献
リー・クアンユー回顧録(日本経済新聞社、2000)

Upload 2010.02

Update 2010.06

← previous next →

Copyright (C) 2010 Future-scape Architects. All Rights Reserved.

← previous next →

         Photo by Daigo Ishii