「トロピカル・ガーデン・シティー」シンガポール(シンガポール)

物足りなさはさておき、シンガポールの街を歩いていて、感心するのは、オープンスペースの豊さです。

目抜き通りでは、大きな木々が天蓋をつくっています。熱帯の強い日差しを遮り、路面に涼を呼び、意外と雑多で、とりとめない街並も、梢で、見え隠れするため気になりません。自身が街並になった感さえある量感ある緑に、あらためて、緑の景観向上効果を実感しました。

オーチャードのような中心街の大通りでは、ビルの1階壁面が後退し、緑化や屋根付の歩廊として開放されています。公共歩道と一体になった、広々としたスペースは、緑道公園の趣です。

もともとあった熱帯雨林を活かしたとか、植えれば、気候の賜物で、あっという間に巨木になってしまうとか、思っていたら、それは、大きな勘違いというもの。一部は、植民地時代に遡るとしても、実質的には、これも、リー・クアンユーの構想の成果なのです。

観光を重要産業として位置付け、そして、都市のブランド力を上げるため、彼がトロピカル・ガーデン・シティ構想を掲げたのが、1967年のこと。

実現のため、手を付けたことの一つが、世界中の熱帯地域から、植物を集めることでした。

熱帯だからと言って、何でも旺盛に育つ訳ではなく、同じ東南アジアでさえ、乾季と雨季のあるミャンマーの植物は、雨季のないシンガポールでは、うまく育たなかったそうです。街路を飾っているのは、8000種に及ぶ栽培試験の末、適性を見い出された2000種の植物なのです。

緑化された歩道橋は、たまたまボランティアが草花を置いたのかと思いきや、それもまた、緑化政策の一環。何でも徹底的に実行するシンガポールらしさ、というよりもリー・クアンユースタイルに、感心するやら、少しあきれるやら。

構想は、公共空間だけでなく、民間の敷地にまで及びます。

開発時には、条例に基づき、オープンスペースの確保や、緑化の方法、植物の種類について、役所と協議し、合意を得なければ、許可が下りません。ただ緑化すればオーケーではなく、隣地のオープンスペースとの連続性や樹種バランスまで問われることがあるそうです。

そうやって、1960年から、半世紀掛けて、整備した結果が、この緑あふれるシンガポールなのです。今からは、想像できませんが、当初は、植えた植物を引き抜いて、家に持ち返る人や、踏み荒らす人が、続出でした。半世紀という時間は、民意を熟成させるための時間でもあったのです。

今、シンガポールの緑化率は、国土の1/3程度。1967年当時から比べると、公園面積は、8倍以上に増えています。市民一人あたりに換算すると、約6.7平米で、東京の2倍以上。ただ、公園面積を増やすための都市の高層化が、味気なさを加速している側面もありますし、つくられた緑化は、既存の熱帯の植物相と動物相の破壊をもたらしたそうです。

都市のブランド化は、一朝一夕にはなりません。それでも、行政のバックアップが、ぶれなく長期間継続されることで、ありふれた都市が、抜きん出た存在に変わることがあります。

課題はあるとしても、その圧倒的な事例の一つが、半世紀の積み重ねで、構想のトロピカル・ガーデン・シティを、現実の呼び名にまで昇華させたシンガポールではないでしょうか。

To English Version

Google Map で場所を見る

交通
シンガポール全域。

宿泊施設のリスト
Conrad Centennial Singapore
Fairmont Hotel Singapore
Fullerton Hotel Singapore
Goodwood Park Hotel
Hotel 1929
The Inn at Temple Street
InterContinental Singapore
Mandarin Oriental Hotel Singapore
Raffles Hotel Singapore
Ritz-Carlton Millenia Singapore
Shangri-La Hotel
St. Regis Singapore

旅行の際に調べた情報であり、評価については、各人でご確認下さい。

参考文献
リー・クアンユー回顧録(日本経済新聞社、2000)
シンガポールの緑化政策の概要(自治体国際化協会)
もっと知りたいシンガポール(綾部恒雄、石井米雄、弘文堂、1994)

Upload 2010.02

Update 2010.04、2010.06

← previous next →

Copyright (C) 2010 Future-scape Architects. All Rights Reserved.

← previous next →

         Photo by Daigo Ishii