シンガポールのお屋敷町(シンガポール)

シンガポールでいちばんのショッピングエリア、オーチャードから少し坂を上ったあたりが、ナッシムロードの入口です。

熱帯の高級住宅地にふさわしい大樹の並木道に沿って、しばらくは高級コンドミニアムが続きます。外装もきれいで、最近のデザインボキャブラリーを押さえたものも多いから、古いお屋敷が取り壊され、近年、建て替えられたのではないでしょうか。高めの仕上、適度な一棟の規模、余裕のある敷地・・・。シンガポールの一般市民用の高層アパートとは、明らかに差別化されています。

しかし、このあたりは、まだ、新参のエグゼクティブ向けというところかもしれません。しばらくすると、狭い国土や一般住宅地の建て込み方からは想像できないぐらい、広大なお屋敷町に切り替わります。

時々、数軒に切り売りされたところもありますが、それさえも、かなりの大きさ。そのぐらいまでは、建物が見え、可愛いものですが、本当のお屋敷になると、道路からは、手入れのされた庭や樹木の彼方に、建物の一部が、ちらっと見える程度。赤瓦の屋根や、大きいことは分かっても、遠すぎて、昔ながらのコロニアル建築かどうかさえ、判然としません。

そうやって、建物や情報が、かすかに見え隠れするリズムそのものが、一等の高級住宅地ならではです。

為替レートによりますが、シンガポールは、今では、大卒の初任給が、日本を抜くほど。中学と高校入試の成績で、エリートコースに乗るかどうかが決まり、その後のリベンジは、ほとんどできない、という過酷な一面も併せ持ちますが、それでも、リー・クワンユーの政策が、一般国民の生活水準をかさ上げし、その上での、高所得者層だから、よしとしましょう。貧富の格差で、金持ちを出現させる、第3世界の国とは、ちょっと違います。

ナッシムロードを歩いての驚きは、2キロ近くにわたって、他の通りに抜ける道のないこと。歩き始めたら、終点の植物園まで、リタイアはできないということです。

そして、オーチャードからしばらくはあった歩道も、途中からは、車道のみ。すれ違う人もいません。

つまり、使用人は別として、車に関する税金がとてつもなく高いシンガポールで、車を持てる限られた層以外を、婉曲的にお断りしているエリアなのです。

一方で、検問も監視カメラも高い塀もない、ナッシムロードからは、シンガポールの金持ちの様子だけでなく、社会の成熟と平穏さも、垣間見えて来ます。

英語版へ移動する

Google Map で場所を見る

交通
ナッシムロードの南側入口までは、オーチャードから歩いて5分。北側入口は、植物園東口からすぐ。

宿泊施設のリスト
Conrad Centennial Singapore
Fairmont Hotel Singapore
Fullerton Hotel Singapore
Goodwood Park Hotel
Hotel 1929
The Inn at Temple Street
InterContinental Singapore
Mandarin Oriental Hotel Singapore
Raffles Hotel Singapore
Ritz-Carlton Millenia Singapore
Shangri-La Hotel
St. Regis Singapore

旅行の際に調べた情報であり、評価については、各人でご確認下さい。

参考文献

Upload 2009.01

Update 2010.03、2010.06

← previous next →

Copyright (C) 2010 Future-scape Architects. All Rights Reserved.

← previous next →

         Photo by Daigo Ishii