カタラガマへ−1:カタラガマへの道(ヒルカントリー+南部、スリランカ)

スリランカの人々にとって、カタラガマは特別な聖地です。どんな望みでもかなえるというカタラガマ神を祀っており、御利益のため、国中から人が集まって来ます。ヒンドゥー教色の強い聖地でしたが、宗教の垣根を超えた聖地としての整備が進み、仏教徒、イスラム教徒も多く集まる地となりました。

7月の満月の日から8月の満月の日までを、スリランカ特有の暦、シンハラ暦ではエサラ月と呼び、各地で大きなお祭りが開かれます。後半に開かれるキャンディのペラヘラ祭と並び、もっとも盛大なお祭りが、前半に開かれるカタラガマのペラヘラ祭です。この時期、カタラガマには、ふだん以上に人が押し寄せて来ます。

7月の週末、ヒルカントリーから南部の低地にあるカタラガマまで車で下りて行くと、ヒルカントリー東部、標高1200mのバンダラウェラを過ぎるあたりから、屋根にたくさんの荷物を載せたボックスカーやバスと、次々とすれ違うようになりました。カタラガマの参詣から戻る車です。

道中の大きな滝や湖は、水浴や水遊びの人でにぎわい、大樹の下では、釜を出し、火をおこして調理をし、家族や仲間が食事を囲んでいます。

スリランカ島は、いちばん長いところでも300キロほどの小さな島ですが、道路事情が悪いため、移動に時間が掛かります。山がちなヒルカントリーを通れば、蛇行やアップダウンが、更に速度を落とします。島の南端に近いカタラガマに行くということは、日本で300キロを移動することからは想像できないぐらい、遠い場所に行くことであり、一大旅行です。家財道具を載せ、おそらく数家族が相乗りして、数日掛けて、カタラガマに行き、数日掛けて、故郷に戻って行くのでしょう。

といっても、深刻な悩みのために向かう人を除けば、この旅は苦行というより、滝や湖の名勝で涼を取り、沿道の名所旧跡を訪ねながら、カタラガマ神に直接、願を掛けに行く、心待ちにしていた夏休みに違いありません。カタラガマへの旅は、きっと、スリランカの人々が、スリランカの風物や文化に直接触れ、スリランカ世界を学び、共有するための、大事な機会となっているのでしょう。

英語版へ移動する

Google Map で場所を見る

交通
バンダーラウェラからカタラガマに向かう街道沿い。バンダラウェラからカタラガマでは、車で3時間半。

スリランカ旅行に関するお薦めの旅行代理店
Connaissance De Ceylan
豪華ホテル、ドライバーに関して、国内、国外のいろいろな代理店から価格の見積を取った結果、ここを選びました。5つ星ホテルを経営しているAmayaグループの系列会社です。やり取りはすべて英語ですが、手配は申し分ありませんでした。とは言っても、比較のため、数社に見積を出すことをお薦めします。

参考文献

Upload 2008.01

Update 2008.07、2010.06

← previous next →

Copyright (C) 2010 Future-scape Architects. All Rights Reserved.

← previous next →

Photo by Daigo Ishii