カタラガマへ− 3:カタラガマのペラヘラ祭(カタラガマ、スリランカ)

夕暮れ近く、マニック川を渡る橋には、大勢の人が押し寄せ、身動きが取れませ ん。7時から始まるお祭りのパレードを見るために集まった人々です。イルミネ ーションも点灯し、森も華やいで来ました。

パレードは、寺院の門が出発点で、そこから陸上のトラックのように、花道が森 の中を一周しています。終点近くの特別席を除けば、花道際の地べたが客席で、思い思いに観客が陣取 っていました。 こういうときに国民性が露呈してしまうものですが、スリランカの人たちは、 穏やかに、大騒ぎすることもなく、パレードを待っています。さすが!!。

7時の予定だったパレードが始まったのは、8時過ぎ。火の輪使いのグループが 先陣を切ると、時々、飾り立てられた象を挟みながら、多種多様な民族舞踊が、次から 次へと繰り出します。柔らかく身体をくねらせながら、リズミカルに踊っています。ちょっと官能的ですが、節度があって、健康的なのが、きっとスリランカ流。踊り手は、近在の村人のグループもあれば、遠くキャンディから来た舞踊学 校の生徒のグループもあるそうです。音楽もグループごとに、ドラムバンドから 鼓笛隊まで、さまざまで、スリランカの伝統文化の百貨店、といったところです。

みんな、これを楽しみに遠路はるばる来たはずでし、花道に沿って、幾 重もの人垣ができていますが、なぜか、花道に囲まれた島の真ん中では、 人が寝ているのです。それも半端でない数が・・・。四方から響く踊りの鳴り物や、 観客の上げる歓声が聞こえないのでしょうか。彼らが気になって仕方がありません。

「お祭りを見に来たのではないんですか?」

そのうち目を覚ますだろうと思っていましたが、起きる気配なし。 早寝早起き、ふだんの健康的な生活習慣は曲げられないということでしょうか?

9時を回り、祭りはいっそう盛り上がり、やがて9時半、フィナーレです。背中 に仏舎利を載せた象が、しんがりに現れました。お祭りの観衆はばらけて、 みんな、花で覆われた仏舎利に向かって祈り始めます。本当に真剣な表情で、涙を浮かべている人 もいます。楽しいひとときのためだけに、カタラガマにやって来たのではないのです。それまでの楽しいショーを見るような雰囲気は、紅白歌合戦の後の除夜の鐘のように、おごそかというか、清々しい空気に変わって行きます。

そう思いながら、島の真ん中を見ると、おやすみ中の人たちは、やっぱり、ぐっすり眠り込んだまま。

「クライマックスぐらい起きましょう!」

祭りは終わりました。風も涼しくなって来ました。今夜は、ぐっすり眠れそうです。

英語版へ移動する

Google Map で場所を見る

交通
コロンボからバス、車で9、10時間程度。

宿泊施設のリスト
Kataragama Rest House
Rosen Renaissance Hotel

旅行の際に調べた情報であり、評価については、各人でご確認下さい。

スリランカ旅行に関するお薦めの旅行代理店
Connaissance De Ceylan
豪華ホテル、ドライバーに関して、国内、国外のいろいろな代理店から価格の見積を取った結果、ここを選びました。5つ星ホテルを経営しているAmayaグループの系列会社です。やり取りはすべて英語ですが、手配は申し分ありませんでした。とは言っても、比較のため、数社に見積を出すことをお薦めします。

参考文献

Upload 2008.01

Update 2010.06

← previous next →

Copyright (C) 2010 Future-scape Architects. All Rights Reserved.

← previous next →

午後6時

午後8時

午後9時

午後9時半

Photo by Daigo Ishii