作品INDEXに戻る

前の作品へ 次の作品へ

築35年の事務所ビルのリノベーション。

古ぼけたインテリアや設備のため競争力の落ち始めていた物件を、リノベーションにより、周辺の建物と競合できる物件にすることが、目的でした。

先ず、設備配管が多数通る部分や上階に水回りのある部分を除いて、天井を取り払いました。リノベーション前の天井高は245cmでしたが、リノベーション後には、断熱材を入れた最上階で270cm、それ以外の階では288cmと、、40cm程度高くなりました。天井の圧迫感は減り、広々と感じられるようになりました。

壁は、構造上、機能上不要なものを取り払った上で、事務室から丸見えになっていた厨房やトイレの扉を、視線から保護する間仕切壁を新設。事務室と水回りを緩やかに切り分けました。

壁や梁は、反射率の高い明るい白で仕上げ、天井は、コンクリートの床スラブ下面を、モルタルで平滑に仕上げ、その地色をインテリアとしました。現代的でクールだが、明るい感じをつくり出そうとしました。

設備については、分電盤、電話取入口のあった入口ドア回りを、ドアと一体の大きなパネルに仕立て、中にすべてを収め、すっきりとした印象にしました。パネルの設備部分のドアを開くと、内部で、電気、電話、光回線などの配線ができ、ルーターの設置スペースも備えています。

巾木は、電気、電話、光回線を内部に通すことのできる配線巾木につくり替え、室内のさまざまな場所へ、床に露出せずに、配線が引き回せるようにしました。

東京都渋谷区

延床面積 265.31m2(80.3坪)

構造 RC造4階建て

施工   稲垣建設 + 恵堂

画像をクリックして下さい。拡大した画像をご覧になることができます