作品 INDEXに戻る

前の作品へ 次の作品へ

前の住宅作品へ 次の住宅作品へ

道路と敷地の間の半階の高低差を利用したスキップフロアー形式の住宅。7つのレベルが、スキップフロアーにより、次々と連続して行く一つながり空間となりました。

ふつうの家のように階毎に断絶しておらず、家族の気配が伝わりやすく、家族のコミュニケーションのも水平+上下に、活き活きと飛び交います。

どこからも半階下と上の2つのレベルが見えることや、見上げると半階上の窓越しに空が見え、視線が遠くまで突き抜けていくことで、小さな家に大きな広がりを呼び込みました。

 

東京都町田市

延床面積  110 m2

構造設計 大賀建築構造設計事務所

設備設計 明野設備研究所

設計協力 加藤弘行

施工   相模鉄建

掲載誌、書籍
2002.07. Lives 2002年夏号
2004.10. House Design(Daab, ドイツ)
2012.12. House & Houseing 101(designzens, 中国)

画像をクリックして下さい。拡大した画像をご覧になることができます。